満腹ダイエット
ブブよ、お前は今本当に空腹なのか?
ダイエットを始めてから何度も自問自答してきた問いです。

太っていたときは空腹を感じることなどなかったように思います。
常に食べ物に手が伸びていた。感覚を空ける意識すらなかったのかもしれません。
ブブが太っていった背景は、子育て中ということでした。
3人の幼子を育てていました。子供たちの食事の間隔は大人と違いあまり時間が開きません。朝ごはんの後、昼ごはんとの間に間食をします。もちろん3時のおやつも常時です。
食事はムラ食いで、残りはブブがいただいていました。
食事の内容も子供の好きなメニューに偏っていました。ハンバーグ、コロッケ、カレーライス、ミートスパゲティ、ハヤシライス、丼もの、とんかつ、エビフライ・・・
お皿1つですむものばかりですね。油ものも多いし。
これでは太りたいと思っていたとみなされても仕方ありませんね。おやつはたっぷり食べるわ、食事は偏ってるわ。

考えていただきたいのは、体の声を聞くようにしてほしいということです。
体は信号を発しています。本当に必要なものは体がちゃんと知っていてくれるはずです。
体が正しい要求を発せられるように健康でいてください。
そしてその声がちゃんと届くように、聞こえてくるように考えも浄化しておいてほしいのです。

『今あなたは本当に空腹なのか?』
ストレスやその場の状況(飲み会の雰囲気や美味しそうなものの視覚からの感覚)で本当にはたいしてお腹が空いているわけではないのに手が伸びてしまっていませんか?
付き合いでケーキをいただいていませんか?
本当に必要な野菜類を欲しているにもかかわらず、忙しさにかまけて手を抜いていませんか? お腹の調子があまりよくないな~と感じていながら、刺激物に手を出していませんか?

体が発する声を聞き逃さないように、外部からの情報、自らの気分に左右されないように心がけることもダイエットには大切なことでしょう。